HOME>トピックス>適したマイクロスコープを選択!【事前に把握しておくべきこと】

治具は特注で依頼することが可能

使用する内容によっては、市販されているマイクロスコープの性能では足りないという場合もあります。マイクロスコープは専門性が高い使い方をされることも多く、そういった場合には治具を特注で受けてくれる業者もあります。

顕微鏡の倍率とマイクロスコープの倍率の違い

実体顕微鏡は2~30倍程度

実体顕微鏡は一般的に、2~30倍程度の低倍率なものが多く、直接レンズを覗いて確認するといった使用方法になります。

マイクロスコープの倍率は数10倍~数100倍

マイクロスコープは、顕微鏡に比べ、高倍率で確認することができます。その為、実際に器具を除くわけでなく、モニタに移して使用するかたちになります。

適したマイクロスコープを選択!【事前に把握しておくべきこと】

男女

適したマイクロスコープを選ぼう

一口にマイクロスコープと言っても、性能は様々で、多機能だからいいだろうという訳ではなく、用途によって必要な倍率も違ってきますし、直接確認したいのか、データを記録したいのかなどによっても変わってきます。まずは用途をはっきりさせ、それに適したマイクロスコープを選ぶことが大切です。

色々あるマイクロスコープの種類

顕微鏡

医療用マイクロスコープ

ミクロの世界と関係が深いのが医療業界です。医療業界では、手術用や研究用など、色々な分野でマイクロスコープが使用されており、欠かせないものとなっています。

歯科用マイクロスコープ

近年では、より正確な治療を目指すため、マイクロスコープを導入する歯科医も増えてきています。歯科業界は競争率も高く、他と差別化を図り、高度な技術の治療を提供するため、最先端技術を取り入れる街の歯医者さんも増えてきています。

検査用のマイクロスコープ

マイクロスコープが工場で作られている製品のチェックなどに使用されている例もあります。人の目で見るよりも確実ですので、信頼性が断然高くなってきます。

美容業界用マイクロスコープ

女性には身近に感じられるかもしれませんが、コスメショップなどでの肌年齢チェックなどにもマイクロスコープは活用されています。拡大された細胞から肌の年齢を算出することが可能です。